廃線写真館
北海道廃線紀行 三井芦別鉄道@ 通信速度により、このページの表示に多少時間を頂きます。ご了承ください。
クリックすると拡大画像が出ます。
拡大画像からはプラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。
*この取材はクロフォードさんと共同調査しました。ありがとうございました。
 芦別−高校通り−山の手町−三井芦別−入山−中の丘−幸町−緑泉−西町アパート前−芦の湯−頼城−玉川町
三井芦別鉄道
2001年11月
芦別駅3番ホーム。かつて三井芦別鉄道の車両が乗り入れしていたが、今はレールも撤去されている。
高校通り停留所があった付近から芦別駅方面を望む。路盤がはっきり見える。
高校通り停留所があった付近から東側を望む。こちらも路盤がはっきりわかる。ここから分岐。
国道38号線近くの線路跡。
芦別トンネル跡(西芦別側)塞いでしたシートも外れ、中に侵入可能。
同トンネルの内部の様子。比較的状態はよい。全長60mあまり。
トンネルに続く土手から山の手町方面を望む。山の手町駅跡は痕跡発見できず。
西芦別中学校付近に踏切跡発見。
一部、中学校敷地に路線跡を転用している。木が植えてあるライン付近に線路跡が続く。
三井芦別駅跡は会社事務所として使用されている。ホーム跡もあり。
三井芦別駅からさらに進むと、機関庫跡に続く。
機関庫跡。工場として使用されているようだ。
建物前には「タキ」らしき灯油タンク。
入山付近は炭鉱の給水塔のようなものが残るだけ。ここは入山の踏切跡。国道と交差して
炭山川橋梁に向かう。
炭山川橋梁に保存されている車両。塗装は手直しされているが、冬期間用の保存庫は撤去
されていた。
炭山川橋梁から先は道路橋の交差も残るが、工事用道路で一部路盤も壊されている。
三井芦別鉄道ページAに進む