廃線写真館
北海道廃線紀行 手宮線@ 通信速度により、このページの表示に多少時間を頂きます。ご了承ください。
クリックすると拡大画像が出ます。
拡大画像からはプラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。
手宮線
2001年11月
南小樽駅。3番ホームに手宮線が発着していた。今はレールが撤去されている。
南小樽駅。小樽方向、駅構内からレールが残されている。
同所を次の踏切から南小樽駅方向。
同踏切から小樽方向。レールが続いている
途中の鉄橋付近でレールが途切れるが、住吉町の踏切の部分では復活。写真は南小樽方向。
同踏切から小樽方向。この先から函館本線高架と別れ、右に曲がり、レールも一時なくなる。
花園橋から西方向。本線の高架横を直進していく。
寿司屋横町手前の廃線跡を東方向に見る。レールも復活。
寿司屋横町ガード(撤去済)の東側部分。
同所を道路から見た図。
同所、西側。ここから散策路として整備されており、階段もついている。
階段を登り、整備されている廃線跡へ。西望。
色内の踏切。このあたりに色内駅があった。
色内踏切から西望。さらに散策路は続く。
色内−小樽駅前通間。
手宮線ページAに進む