皆様に支えられ、おかげさまで、17周年。本当にありがとうございます。
 ようこそお越しくださいました。気ままに運営している趣味のページです。
 HP製作のテクニックはまだまだ未熟です。不具合ありましたらお知らせください。
 本サイトは IE および opera にて動作確認しています。
 文字は「最小」あたりを基準に編集してあります。
 ご意見・ご感想・情報等をお寄せください。画像での情報、投稿もお待ちしています

 業者悪徳メールロボット対策のため、メルアドは画像表示にしています。お手数ですが、手打ちにてお願いします。
                          ↓ 
  
 プロフィール
 なまえ…LOCAL(ろーかる)
       発信地…北海道

       趣味 …ドライブ・温泉・写真・鉄道・楽器・レトロ昭和
       所属 …めもりある探検隊・炭坑(やま)ナビ会員
       大好きなもの…昭和の風景
       使用機材…sonyαシリーズ EOS−kissシリーズ casioコンデジ etc.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
      趣味で写真撮影(素人レベル)してます。もともとは鉄道写真ですが、人物・風景なども撮ってます。
      安いカメラを車につんで、温泉道具片手に奔走中。最近は、デジカメにも進出して、作業も楽になりました。
      古いものが好きで、JRよりも国鉄に愛着を感じますし、気動車は国鉄色かせいぜいタラコ、バスは方向幕
      (できれば布製)がいいと思っています。ついには、取材のおかげか、北海道の「道の駅」を制覇してしまいま
      した…。また、家の押入は安物の部品やサボで埋まりつつあります。

      廃車バスなんて撮ってるもの珍しい人、全国で私だけだろう…なんて思ってやっていました。
      しかし、たくさんいらっしゃいました。かなりびっくりです。廃線・廃道・炭坑跡なんかも探検して
      ますが、こちらは、もっともっと多くの方々が…。(笑)  いろいろな本も出版されて、一大カテ
      ゴリーとなりましたね。 しかし、このページを通してのいろいろな出会いの中で、私以外にも
      廃線・廃バスなどを趣味とする人々と交流ができました。会ったこともない方が多いですが、
      何か嬉しいものです。
      古いものの今の姿から、昔の姿をイメージしてみませんか。
      そこには、忘れかけていた何かがあるのではないでしょうか。
      私の「廃」探訪は、単に「さびれて、もう使い道のない廃棄物の記録」というよりも
        ・昔そこに関わっていた人々の姿を想いながら、
        ・現在のあまりにも近代化された便利な周囲の環境の陰にはそれまでに積まれてきた時代があった
      というような想いからスタートしています。
      亡くなった私の祖父母が西芦別に住んでいたことも、遠からず、理由のひとつかもしれません。

      写真の方は、というと、最初の職場では暗室があったので白黒写真の大判の焼き付けなどをして楽しんで
      いました。昔は、何回か撮影会なるものも行きましたが、人物はしばらくご無沙汰していました。でも最近
      また、撮りたい気持ちがフツフツと沸いてきまして、10年くらいぶりに、人物を撮り始めました。なにげない
      自然の人やモノがいいですね。(撮られ好きの方は、別館もご覧くださいませ)

      計画性もなくこのページを開きましたので、容量が増えるにつれ、見にくくなってきているのも事実です。
      できるところから徐々に整備していきます。ページづくりについてはまだまだ勉強中で…。
      こんな私ですが、よろしくお願いします。
      たまにはこのページに遊びに来てください!! また、楽しい情報をお待ちしています。

      
たくさんの資料・情報提供 また、撮影練習モデルへのご協力、大変ありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いいたします。



  ◆管理人◆
    今はなき、国鉄士幌線駒場駅にて 1985.3
    お見せするほどのものではないので、画像処理しています(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      【ご注意】

      当サイトには「廃」関係の画像がたくさんありますが、決して「廃」探索を推奨するものではありません。
      特に老朽化した廃車体・廃墟・廃駅などは崩れる危険性があり、最近北海道では熊も人里近くまで
      現れることがあります。探索の際には自己責任で行ってください。また、所在地や現物に関する関係
      機関へのお問い合わせはおやめください。当方でも、可能な限り撮影許可を取るようにしておりますが、
      一部無謀なマニアの方のために、同じ趣味を持つ方々の信用も崩れてしまうこともあり得ます。お互い
      に節度ある取材を心がけましょう。
      当方では、いかなる事故・損害等の責任を負いません。良識ある大人の自己責任で楽しみましょう。
      なお、当ページ別館もご覧ください。
          栗原氏の★廃墟ハザード★を見て、廃探索の危険性を確認する